Healing, Art & Culture

Loading

言語

  • English
  • 日本語

123 4th Ave, 2nd FL
New York, NY  10003
212-677-8621
info@crsny.org

TRIPTYCH

展示期間:2012年9月8日ー11月1日
オープニング・レセプション:  1012年9月15日(土)
 6 - 8 pm

CRSギャラリー、今秋の展示はハンス・グリクソン(Hans Gullickson)氏の"TRIPTYCH,"です。

TRIPTYCH presents paintings of hand drawings in various colors, sizes in repetition. The paintings are silkscreened reproductions of hand drawings that balance primordial intuitive mark making: drawing without thinking or intent, in contrast with specific intentionality of design, decorative ornamentation, and presentation. The images come from hand drawings created while in Thailand this last year, and delineate the experiences that occurred while on location there, as well as drawing from themes that have continued to resurface through this project's development. A book of hand drawings relating to the paintings is also on view to express more fully the process and "notes" that were developed to create these works. 

ビデオ・アーティスト、ライター、パフォーマー、ジャンルを超えて表現するアーティスト、グリクソン氏の久々の作品展示です。TRIPTYCHとは、三枚のパネルがひと組になったもの。どのパネルにも、様々な色と形、サイズのモチーフが手書きで詰め込まれています。全てのモチーフは昨年タイに滞在中、インスピレーションを得るごとにノートに書き留められたもので、それらを即興的に組み合わせ、シルクスクリーン上に複製されています。オリジナルスケッチが掲載されたノートの原本も展示いたします。

Hans Gullickson :ブルックリン在住。スクール・オブ・アート・インスティチュート・オブ・シカゴに在学中、ゴート・アイランド・パフォーマンス・グループのメンバーとなり、ライティングとパフォーマンスを学ぶ。その後、アーティストとして幅広く活動を開始。これまで手がけた作品は、ハンドメイド・ブック、雑誌、ビデオアート、サウンドアート、観客参加型パフォーマンス、ハンドメイド・ウォールペーパーなど多岐にわたる。西洋美術のみならず、様々な国の文化やアートに興味を持ちタイや日本を訪れ、そこで得たインスピレーションを作品に取り入れている。

 

Share: